コロンとは

本来の香水はパフュームといって、香りの濃度も15パーセント以上と高く、持続時間も5時間から7時間と一番長く、値段も高いです。
その分、コロンは価格もお手頃価格なので、学生などでもお小遣いで手軽に購入することができますよね。
その他、コロンよりももう少し持続時間の長いのがトワレ、香水よりも少し割安になっているのがオーデ・パフュームとなっています。
もちろん、調合されている香りによってコロンや香水等の持続時間は異なってくるようです。

コロンには、手軽に香りを楽しむことができるというイメージがあるのではないかと思います。
どちらかといえば、コロンの香りって柑橘系などのスッキリとした香りが多いのではないかと思います。
パフュームには高価なイメージがあって、購入するのにちょっとドキドキしてしまいますが、コロンは手頃な価格なので、購入しやすいですよね。
そういえば、以前におみやげで貰った香りが気に入ったので購入しようと思ったらあまりにも高くて驚いたことがあります。
その商品にはコロンがなかったので、私のお小遣いでまだ購入できるトワレを買いました。

コロンについてブログやサイトなどで調べてみると、どうやら香りの基本構造があるということが分かります。
レモンやオレンジ、ローズマリー、ベルガモットなどの柑橘系でスーっと爽快感のある香りがコロンの基本になっているんです。
そして、大きく分けると、フローラル系の香りを楽しめるコロンとスパイシー系の香りを楽しめるものとに分けられます。
様々なタイプのコロンは、スーパーマーケットや薬局などの量販店やバラエティショップ、ネットの通販などで購入することができます。
ブログやサイトなどでコロンについて調べてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。