Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/iifashion.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

手扇子

手扇子とは、バンドのライブでよく使うフリのこと。

手を広げて、前から後ろに動かしたりするような動作のことを「手扇子」と呼んでいます。

あまりにも有名なので、今更説明する必要もなさそうなのですが、最近はゴールデンボンバーのファンが手扇子をやっており、注目されているとか。

最近はバンド人気が落ち着いていると言われていますが、こうして手扇子の文化は残っているのですね。

しかし、実はこの手扇子に対し、批判を述べる人もいるそうです。

手扇子は、ビジュアル系バンドのライブには必要不可欠と言われており、多くの場所で見ることができるものでした。

しかし、ラルクアンシエルのハイドなどは「手扇子は嫌い」とはっきり口にしており、そこから「ラルクのファンはあまりやらなくなった」とも言われています。

この様に、手扇子を良しとしないアーティストも増えている様で、そのバンドのファンは多くが「やらない」という選択をするみたいですね。

では、どうして「手扇子を嫌うアーティストがいるか」なのですが、やはり「みんなで同じ動きをする」ということが問題視されているそう。

アーティストにしてみれば、「手扇子ではなく、みんなそれぞれで楽しんで」という気持ちになるみたいですね。

手扇子ができるかどうかは、そのアーティストがきちんと受け止めて楽しんでくれるかどうかということになるかもしれません。

ただ、ラルクの例がある様に、今後も手扇子については多くの議論がされていくのではないかなとも感じます。

今後、手扇子がどう変遷していくのかが楽しみです。

あらゆるバンドを見ると、多くのファンが手扇子をしていることには事実ですが、それにとらわれないコンサートの楽しみ方をしていくことも大事。

特に、海外アーティストのコンサートでは、手扇子など「同じ動きでの声援」が嫌われる傾向にありますので、そのあたりは頭に入れておきましょう。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です