Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/iifashion.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

自転車のカラーコーディネイト

カラーコーディネイトと聞くと、やはりお部屋のインテリアや自分自身のファッションコーディネイトを思い浮かべてしまいがちですよね。
けれど、この世に沢山の色がある限り、ありとあらゆる部門にカラーコーディネイトは必要なのではないでしょうか。
どんな小さな物体一つにしても、色のバランスで大きくイメージが変わります。
ですから、身近なところだと、自転車のカラーコーディネイトに拘る人も少なくないのです。
まあね、車やバイク、それに自転車と言った愛車を、自分の好みにアレンジしたいという気持ちはよ〜く分かります。
たかがチャリンコ、でも、されどチャリンコ、自転車のカラーコーディネイトは、そんなチャリンコを愛する人たちにとっては重大問題の一つなんでしょう。
が、しかし、自分自身は中々カッコいい自転車に乗っているつもりでも、周囲から見るとそうでもないという事が時よりあります。
そして、その一番の原因が、カラーコーディネイトだったりなんかしちゃうんですよね。
確かに、自転車そのものはすっごくカッコいいマウンテンバイクだったり、ロードバイクだったりするんですよ。
でも、自転車やバイクのように、常に一体化した状態で動き回り、常に一体化した状態で人目に映る物の場合はどうでしょうか。
余りにもバラエティーにとんだカラーコーディネイトだと、どことなく滑稽に感じませんか。
よく言えばカラフルで楽しいのですが、悪く言えば、締まりがないっていう感じ・・・。
タイヤ一つにしても、昔のように黒が当たり前という時代ではありません。
パーツショップなどを覗くと、いろいろな色のタイヤが売られていて、自由自在にカラーコーディネイト出来るようになっています。
ただね、まあ小学生くらいの女の子が乗るならともかく、大の大人が乗るには、なんだか今イチシックリ来ないんですよね。
まあとても楽しいカラーコーディネイトではありますが、やはり自転車のタイヤは黒の方がいいのではないかと思いました。

カラーコーディネイトは、一つの色に徹底して拘ると、案外バランスが悪くなるものです。
例えば、奇抜な色を沢山使うと、さっきの赤いタイヤの自転車のように、ちょっとユニークなカラーコーディネイトに仕上がってしまいます。
かと言って、全てをブラックで統一してしまうというのもいかがなものでしょう。
確かに、一見シンプルで大人のカラーコーディネイトという気はしますが、もう少し構ってもいいんじゃないのっていう気もしませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です