Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/iifashion.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

あったかインナーのヒートテック

今や冬の必需品とも言えるヒートテックですが、あれって単なる暖か下着でしょ、
昔からあるババシャツとどこがどう違うのよ?っという会話を耳にしました。
まあね、どんな繊維でも、それなりの吸水性と発熱性はもっているものだと言いますからね、ウール製の厚手のババシャツなら、そこそこの防寒効果は期待出来るでしょう。
ただ、ヒートテックのように、薄いのに暖かいというのはやっぱスゴイと思います。
あれは、ユニクロと東レという化学繊維会社が共同開発した特殊な合成素材で作られているんでしょう。
ちょっと博学の人なら、ヒートテックの素材は、早い話、吸湿発熱繊維だろうっておっしゃると思います。
まあ実際には、吸湿発熱繊維というのは昔からあった素材らしいので、最近では他社もヒートテックと同様のインナーをあれこれ出しています。

ヒートテックはユニクロの登録商標なので、他社は使う事が出来ません。
けれど、ヒートテックと同じように吸湿発熱繊維を使ったインナーは、今やもう決して特別なインナーではありません。
イオンのヒートファクトリーなんかはその代表格で、価格的にも先発のユニクロといい勝負でしょう。
でもね、やっぱユニクロのヒートテックっていうブランド力が与えるイメージというのは大きいのではないかという気がしますね。
けれど、ヒートテックは元々安価にカジュアルアパレルを販売するユニクロの商品でした。
つまり、逆に言うと、最初からあの素材であの価格設定は見逃せないものがあったんです。
勿論好みにもよるかと思いますが、私だったら、やっぱ1枚980円のヒートテックを選んじゃいますね。

ヒートテックの真の暖かさの秘密は、やはり従来の吸湿発熱繊維ではない特殊な吸湿発熱繊維で作られているところにあると言う専門家もいます。
聞いたところによると、ヒートテックの素材となっている吸湿発熱繊維は、中が空洞の糸を65パーセントも使っているのだそうですよ。
結果、高い保温性を持ったヒートテックというインナーになったのだそうです。
さらに、速乾性にも優れていて、その保温性とのバランスが、高い発熱効果を実現したとか・・・。
ね、こういう話を聞くと、やっぱユニクロのヒートテックはスゴイと思いませんか。