Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/iifashion.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

ローヒールのミュール

 

ローヒールのミュールは何より、歩きやすいのでいろいろな場面で活躍してくれますよね。

ヒールの高いミュールもカッコいいのですが、私には立つことさえ難しく、とてもではないけど履きこなせないのです。

その点、ローヒールのミュールは練習もいりませんし、走ることさえできるので本当に重宝しています。

でもミュールは、ちょっと外へ出たり、近所の買い物にも重宝する履物なので、走れるぐらいのローヒールに限るでしょう。

ミュールの発祥は16世紀ごろのヨーロッパで、主に寝室で履かれていたというのですから、やはりはじまりはローヒールだったんですよね。

それがいつしか外履きになり、外で履くならもっと見栄えのいいものにしなくては、と変化を遂げてきたのではないでしょうか。

ミュールと聞くと厚底だったりヒールが高いものを想像しがちですが、ローヒールが正に元祖であり、世界中に広まっていったということです。

ですから、ローヒールのミュールを選ぶときに気を付けなくてはならないのが、その用途だと思うのです。

どうしてもフォーマルになりにくいのが問題で、ローヒールのミュールでパーティなどへの出席は難しいでしょう。

いくらキラキラさせてもデコっても、ローヒールのミュールだと、ちょっとおしゃれな普段履き止まりです。

フォーマルな席ではそうでなくても窮屈なのだから、できればローヒールのミュールで足ぐらい解放したいところなんですけどね。

ミュールに限らず、靴底があまりぺったんこなのは長時間歩くと大変疲れますし、私は翌日に筋肉痛が発症したりします。

ですからやはりローヒールのミュールがベストなのであります。

私が愛用するミュールは、大体つま先がラウンド型で、ヒールはローヒールというよりも、スニーカーぐらいの厚さのものです。

ミュールとして販売されていたので、私自身は間違いないと思っていますし、まぁそんなにキッチリ分けなくてもいいんじゃないの、って感じです。