Warning: Undefined array key "page" in /home/c6252937/public_html/iifashion.info/wp-content/plugins/batch-cat/admin.php on line 147

ウォッシャブルスーツとアイロン

ウォッシャブルスーツというのは、自宅で気軽に洗濯できるというのが大きな特徴ですが、その際には、仕上げのアイロンというのがポイントになってきます。
実際、ウォッシャブルスーツというのは、アイロン掛けをしっかりしないと、持ちが悪くなります。
アイロン掛けが面倒と言う人は、ウォッシャブルスーツをセットで購入するのではなく、ズボンだけでも十分かもしれません。
ただ、ウォッシャブルスーツで気をつけなければならないのは、脱水を長時間した場合は、アイロン掛けしてもシワが残ることかあるので、要注意です。
そして、アイロンをウォッシャブルスーツにかけるときは、必ず、ハンカチか、木綿素材の当て布をする必要があります。

ウォッシャブルスーツの洗濯が終わり、乾燥させた後は、最後の仕上げとしてアイロンが必要です。
しかし、ウォッシャブルスーツのアイロンに関しては、注意事項を守れば、それ程難しいことはありません。
ウォッシャブルスーツのアイロン掛けでは、温度は中温以下を守ることで、アイロンを長く当てすぎないようにしなければなりません。
一箇所に長く当てると、ウォッシャブルスーツのテカリの原因になるので、気をつけなければなりません。
手ぬぐいでも古い布巾でもいいので、ウォッシャブルスーツをアイロン掛けする時は、必ず当て布をすることです。

ウォッシャブルスーツのアイロン掛けは、まず、パンツからやっていくのが基本です。
ウォッシャブルスーツのパンツのアイロン関しては、基本は、センタープレスに合わせてプレスすることです。
袖は筒状になっているので、ウォッシャブルスーツのアイロンとしては難しい部分になります。
この場合、タオルを筒状にして中に詰め、軽くアイロンを掛けるというのが、ウォッシャブルスーツの袖部分のコツになります。
また、ウォッシャブルスーツのスラックスは、形態安定加工が施されているので、アイロン掛けの際は、折目ラインにしっかりアイロンする必要があります。